協同集会2000のご案内|協同集会とは|よびかけ全体集会分科会01|分科会02分科会03分科会04分科会05分科会06分科会07分科会08分科会09分科会10分科会11分科会12参加申し込みフォーム


第12分科会

「高齢社会における住環境」


 高齢社会は「障害が普遍化する社会」であると言われています。家の構造が原因で、死亡事故が起こったり、転倒による骨折などで「寝たきり」につながる状況が毎年増えています。このような状況のなか。昨年、東京商工会議所が「福祉住環境コーディネーター」の検定試験を開始し、注目を集めています。
 住まいが暮らしの基本であれば、その住空間が安全なものであるのは、住まい手の当然の要求です。介護保険制度が始まり、在宅ケア中心の介護になってきています。そこで、住まいの不具合や危険な構造が問題として提起されてきています。
 高齢者・障害者が在宅で安心して暮らせる「住環境」を、いかにして実現していくのか、実践報告を通して、その担い手、組織、制度のあり方をさぐっていきたいと思います。

11月26日(日)
コーディネーター 建設労働者協同組合・豊島住環境改善ネットワーク準備会事務局 薄井有三さん
コメンテーター 吉竹弘行さん(シルバー振興会/生活・福祉環境づくり21
テーマ 報告者 所属
(1) 「住宅改善の実践・経験を通して 溝口千恵子さん 轄w者住環境研究所(東京)
(2) 「地域のネットワークによる安全な住まいづくりをめざして」 松平弘久さん 町田すまいの会(東京)
(3) 「高齢期住宅の改善活動を!」(PDF,7KB) 松村優さん 福祉医療建築の連携による住居改善研究会(大阪)
(4) 「福祉住環境コーデイネーター」検定誕生の背景とその役割(PDF,12KB) 渡辺光子さん 青山環境デザイン研究所(東京)
(5) ユニバーサルデザインとは?〜すべての人々に、より快適な環境を〜(PDF,7KB) 梶原正樹さん 医業経営コンサルタント
          
*それぞれの報告内容の詳細は、テーマのところをクリックするとご覧になれます。PDFファイルですので、ダウンロードしたうえで印刷してご利用されると便利です。また、ご利用頂くにはAdobe社の「AcrobatReader」が必要です。お持ちでない方は、下のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。

協同総合研究所日本労働者協同組合連合会高齢者協同組合

実行委員会(〒114−0032 東京都北区中十条2-11-6 協同総研気付 
TEL:03-5963-5355 FAX:03-5963-5366 E-mail:kyodoken@jicr.org