第11号 2002年8月28日

◆台風が過ぎ、このまま秋になるかと思いきや、今週はまた暑い日々が戻ってきました。

◆分科会の準備の進行状況はいかがでしょうか?進んでいる内容がありましたら、ご報告ください。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

○「若者の新しい働き方」分科会 第2回打ち合わせ 8/27


■参加者:田村、菊地(ジョイント)、木村田、見城(ニュースタート)、大平(センター三郷)、高成田(センター習志野)、菊地(協同総研)

 7月以来2回目の打ち合わせでしたが、日程調整の手違いから一部参加できない人がいて、少人数での打ち合わせとなり、千葉大近くのパスタ屋で食事をしながらの話となりました。

 前回、それぞれの自己紹介や所属団体の性格等をだいたい理解し合えたので、そこからどのような分科会を作っていくかを議論しました。

 共通して出た意見としては、いずれにしてもこの話し合いに集まっているような人が典型報告的に話をしても、「あれは特別な人」という捉え方をされ共感を得られないのでは、というものがあり、もっとべつのスタイルでやる必要があるということに。

 例えば若者が集まりそうなレストランや喫茶店を借りて、3団体(ジョイント、労協、ニュースタート)と交流しつつ就職相談ができる、という形を多少お金を取ってやったらどうか、という木村田さんの提案もあり、一気にそのような方向へ。

 いわゆるシンポジウム形式だとどうしても参加者の発言が少なくなるので、むしろ少人数でも雑談的にいろいろなことが話し合える場にする、というイメージになりそうです。

 次回は9/18(水)18:00〜 千葉大けやき会館集合で近くの喫茶店へ

(菊地)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

○「環境」分科会 打ち合わせ 8/27


 27日の16時から労協連の鍛谷専務と堀越でエコテックを訪問し、都筑さんと3人で環境分科会の打ち合わせを行いました。

 これまでの分科会では各団体の活動報告のみで終わってしまっていたという点から、今回はベースとなる問題意識と環境への取り組み目標を参加者が共有できるような内容にしようということで話が進みました。

 そこで、今週から開催されている環境と開発のヨハネスブルクサミットの問題意識と目標をベースにして、「環境と協同」を大きなテーマにすえようということになりました。

 今後は環境の取り組みの中でのパートナーシップ(市民と行政、企業)、協同のまちづくり、協同運用(共同発電所など)という内容を報告してもらえる団体に参加のお願いをしていく予定です。

(堀越)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
次回第4回実行委員会は、9/10(火)午後2時から、会場は労協船橋事業団です。遅刻厳禁です。


協同総合研究所
TOPページへ <No.10 Top>