分科会15

⑮協同組合の歴史的・社会的使命を問う
~市民主体の社会づくりの担い手として、協同組合を展望する~

なぜ協同組合は生まれ、どのように運動として組織化・豊富化していくのか。協同組合への国家介入が行われる中、自治・連帯を掲げる協同組合が現代社会で何を為すのかを地域と生活を焦点にして問い合います。

 島村  博(協同総合研究所)
 角野 淑枝(JA福井市殿下ふれあい支店)
 北出 順子(福井大学医学部)
 西山  実(滋賀県生協連)
 尾添 良師(ワーカーズコープ神奈川事業本部)
 石田 正昭(龍谷大学/日本協同組合学会)
 前田 健喜(JC総研)
 相良 孝雄(協同総合研究所)

:講演
:報告者
:コメンテーター
:コーディネーター

日時:2017年10月8日(日)9:30~15:30(開場9:00)
会場:龍谷大学 瀬田キャンパス 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5

1 貧困をなくそう2 飢餓をゼロに3 すべての人に健康と福祉を4 質の高い教育をみんなに5 ジェンダー平等を実現しよう6 安全な水とトイレを世界中に7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう10 人や国の不平等をなくそう11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう16 平和と公正をすべての人に17 パートナーシップで目標を達成しよう