第8分科会  新たなコミュニティを創造する

協同集会第8分科会チラシ

午前 9:30~ 11:30 全体会 「共に生きる社会づくりへ」

※第5~9分科会合同

グローバリゼーションに対抗する、自然や人間が共に在るための、新たな社会とは。“自然”や“農”が育む“人と人”のつながりとは何か。
また、埼玉での“農”、“農福連携”をはじめとする活動から、これからの社会の在り方を学びます。

 

講演1

 

 

 

 


辻 信一[明治学院大学国際学部教員]

 

講演2

 

新井 利昌[埼玉福興(株)]
「ローカルを極め、グローバルにつながる。地元からはじまり、世界とつながる。」

 

コメントと午後へ向けて

 

香川 秀太[青山学院大学社会情報学部准教授]
「地球の交歓社会へ:資本主義とポスト資本主義の間で」

 

午後 12:30~15:30 

分科会「新たなコミュニティを創造する」

地域に根ざした持続可能で豊かな循環型の新しいコミュニティづくりを、宮城県登米市、神奈川県藤野町、岡山県赤磐市での取り組みや、海外のエコビレッジの取り組みから展望します。

パネラー

  • 高橋 靖典[(一社)藤野エリアマネジメント]
    「神奈川県藤野地域でのとりくみ(仮)」
  • 植田 悦史[(特非)まちづくり夢百笑]
    「岡山県赤磐市における地域存続への挑戦」
  • 竹森 幸太[ワーカーズコープ登米地域福祉事業所]
    「宮城県登米市でのとりくみ(仮)」

 

コーディネーター

  • 玉木 信博[(一社)社会連帯機構]

 

コメンテーター

  • 辻 信一 [明治学院大学国際学部教員]

 

高橋 靖典 植田 悦史 竹森 幸太 玉木 信博 辻 信一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDFはコチラから